コメント

コメントとは

PHPには動作とは関係のないコメントという文章を記述することができます。PHPを始めようという人は、すでにHTMLなども勉強済みでコメントの存在や役割についてご存知かもしれませんが、動的なスクリプトではその役割はより重要です。PHPでは3種類の方法でコメントをつけることができます。

//
//から行末までがコメントとして扱われます。
#
#から行末までがコメントとして扱われます。
/*から*/
/*から*/の間がコメントとして扱われ、複数行にわたりコメントを記述することが可能です。

コメントの使い方

処理内容などを日本語でわかるようにコメントとして記述しておくと、あとでスクリプトを見た際に「あれっ?これなんだっけ?」とならずに済みます。複数の人員でPHPの開発を行っている場合などコメントの記述は必須です。また、スクリプトを一部書き換える際に、元々記述してあったスクリプトを一旦コメント化し、容易に復元できるようにすることもできますし、エラーが発生した際にどの部分に記述ミスがあるのか切り分ける際に「/*」と「*/」で怪しい部分をコメント化するなど、その役割はなかなか侮れません。当サイトの「作ってみよう」コーナーの解説部分をそっくりそのままコメントとして記述しておけば、処理の流れやスクリプトの役割なども、コメントが記述されていないものと比べればはるかにわかりやすいものになるでしょう。

使用例

<?php
	#ここからPHPの処理が始まります。
	$answer1 = 1 + 1; // 加算演算子の使用例です。
	$answer2 = 9 - 4; // 減算演算子の使用例です。
	$answer3 = 3 * 4; // 乗算演算子の使用例です。
	$answer4 = 9 / 3; // 割算演算子の使用例です。
//	$answer5 = 8 % 2; 解が0でない方が使用例にふさわしいので下の式を採用します
	$answer5 = 8 % 3;

//今回は画面出力しません
/*	echo "1 + 1 = $answer1 です<br />\n";
	echo "9 - 4 = $answer2 です<br />\n";
	echo "3 × 4 = $answer3 です<br />\n";
	echo "9 ÷ 3 = $answer4 です<br />\n";
	echo "8を3で割った余りは $answer5 です<br />\n"; */
?>

UNIX系のサーバなどでは、テキストファイルを使用して色々と設定をする場面があるのですが、コメントは欠かせません。自分が作成したスクリプトがより利用しやすいものにするためにもコメントを活用する癖をつけましょう。

▲ページトップに戻る