PHPの書き方

phpinfo関数を使ってみよう

PHPは、HTMLのソースに直接埋め込むことが可能です。HTMLのソースに<?phpと?>と記述し、その間にPHPをコーディングします。下の例ではphpinfo関数を使い、現在のPHPの状態に関する情報について出力しています。ファイル名は任意ですが、例では「phpinfo.php」として保存しています。拡張子は必ず「.php」としてください(他の拡張子もあるようですが一般的でありません)。

スクリプト

<!-- phpinfo.php -->
<?php
	phpinfo();
?>

phpinfo.phpスクリーンショット上記ファイルをサーバにアップロードします。ウェブブラウザで「http://<サーバ名>.<ドメイン名>/phpinfo.php」などのURLにリクエストしたときに、右のような画面が表示されればそのサーバはPHPに対応していることになります。

第三者に閲覧された際にサーバの情報を悪用される可能性があるので、確認が完了したら、サーバ上から「phpinfo.php」は削除しましょう。

HTMLに記述してみよう

今度は以下のスクリプト(hello.phpという名前で保存します)を試してみましょう。最低限のHTMLタグを記述し、その中にPHPを埋め込んでみます。今回はecho関数という文字を画面に出力する関数を使用しています。先ほどのphpinfo関数のときもそうですが、命令の区切り部分には必ず「セミコロン(;)」をつけます。画面に何も表示されない、わけのわからない英語が表示される、などのときは、このセミコロンのつけ忘れをチェックしてみてください。

スクリプト

<html>
<body>
<?php
	echo '<p>Hello PHP!!</p>';
?>
</body>
</html>

Hello.phpスクリーンショット今回は「hello.php」という名前で保存したので、ウェブブラウザに「http://<サーバ名>.<ドメイン名>/hello.php」とリクエストしたときのスクリーンショットが、右の画面になります。

▲ページトップに戻る